日常生活の中で肝臓の健康を保つコツ

沈黙の臓器と言われる肝臓。
肝臓は私達の体にとって、非常に大切な器官です。

 

その働きは胃などで消化された食物を体で使えるように合成する、代謝の働き。
脂溶性ビタミンの消化吸収を助けたり、脂肪の分解に必要な胆汁の生成。
体内の薬、食品添加物、アルコール等の有害物質の分解、無毒化。
以上の大切な働きをしています。

 

肝臓は非常に再生能力が高く、壊れてしまった幹細胞を他の幹細胞がその働きを補い、肝機能を維持する事が出来ます。
いかに重要な器官か分かりますね。

 

しかし、肝臓にはひとつ弱点があります。
それは痛みを感じる神経が無いこと。
その為、黄疸等の症状が出た時には肝臓の病状が非常に進行している場合が多いのです。
症状が無くても1年に1回は健康診断を受け、肝臓の健康状態を把握するのが大切ですね。

 

また、それ以外に肝臓に良い食べ物、飲み物で日頃から肝臓を労わる事も大切です。
肝臓は再生能力の高い臓器ですが、それに必要なのが良質のたんぱく質です。
良質のたんぱく質に含まれる必須アミノ酸が、肝臓の修復・再生に必要な栄養素になります。

 

代表的な物として、納豆や豆腐等の大豆製品。
しじみも良質なたんぱく質が豊富です。
しじみに含まれるアラニンには、アルコール代謝をサポートする働きがあります。
わかめ、もずく、昆布にはフダイコンという物質が含まれ、幹細胞を増やします。

 

肝臓に良い飲み物は、同じく良質のたんぱく質が豊富に含まれている物。
身近な物として、牛乳等の乳製品です。
豊富なたんぱく質で肝臓の修復、再生に効果があります。
食事の際の味噌汁にしじみを入れると、しじみの有効性を摂取しやすくなります。

 

日常生活の中で無理なくしじみを取り入れるなら、味噌汁に入れて飲むのが一番良い手段だと思われます。
その他、肝臓に良いと言われているのが濃い目の緑茶です。
緑茶に含まれるカテキンには体脂肪を減らす効果があり、それにより肝機能が改善します。
コツはいつもより多めの茶葉でお茶を淹れて下さい。
日常のちょっとしたコツで、肝臓を労わって下さいね。

 

看護師3